信用情報機関の個人情報

信用情報機関にある個人情報

カードローンの申込審査において重要なポイントとなるのが個人信用情報です。
信用情報機関で管理・共有されている個人情報は、各金融機関が審査などの目的で照会することができます。
住所・氏名等の基本情報に加えて、クレジットカードの利用状況やカードローンの借入状況などがすべて分かるようになっています。
これには現在のデータだけでなく、過去一定期間分の内容も含まれています。
カードローン会社が審査において重要視するのは、申込者の信用度です。
返済能力に直結する現在の収入や勤務状況だけでなく、カードやローンの返済を滞りなく行う人物なのか、という点が重要になります。
延滞を繰り返すような人にお金を貸したくないのは当然です。
貸し倒れのリスクを避けるためにも、貸す側としては細心のチェックを行っているわけです。
たまたまやむを得ない延滞が起きてしまった、というだけならまだしも、延滞期間が長かったり何度も延滞したりすれば信用は失われます。
このようなデータが明らかになれば、新規申込みにおける審査で不利になることは避けられません。
もし過去に債務整理をはじめ何らかの事故情報がありブラックリスト入りしている人は、まず審査に通るのは不可能といえます。
個人信用情報は所定の手続きを行うことで、本人による開示請求が認められています。
以前延滞してしまった記憶がある人や、ブラックリスト入りの不安がある人は、一度自分の信用情報を確認してみると良いでしょう。