総量規制の対象

総量規制が対象となるカードローンについて

総量規制というのは、年収の3分の1を超える借り入れができないという法律です。
総量規制は平成22年6月18日にあらたに改正された法律で、多重債務者や自己破産をする人を少しでも減らすために作られました。
カードローンを利用する場合、総量規制という法律が適用になるものと、適用にならないものとがあります。
総量規制の対象になるのは、貸金業法者です。
消費者金融は貸金業者であり、貸金業法に基づき営業をしているので、総量規制の対象になります。
他にはクレジットカードのキャッシングなど、信販系のカードローンも総量規制の対象です。
しかし銀行系のカードローンは、貸金業法ではなく銀行法という法律に基づきカードローンを利用するので、総量規制の対象にはなりません。
総量規制の対象外なので、年収の3分の1までという制限はありません。
しかしいくら銀行系のカードローンが総量規制の対象外だからといっても、カードローンの申し込みをすれば審査が行われますので、年収に見合った利用限度額になります。
総量規制の対象外だからといって、上限なくカードローンを利用できるわけではありません。
また過去にカードローンの利用に関して、事故やトラブルがあった場合は信用情報機関にその記録があるので、総量規制対象外の銀行系のカードローンであ
っても審査で落とされる可能性はあります。
総量規制対象外のカードローンは、専業主婦でも身分証明書があれば申込可能となっています。