専業主婦でも借りれるカードローンの担保と保証人

担保や保証人は必要か

一般的なカードローンが担保や保証人が不要で借り入れできるのは、保証会社を利用していることがポイント
担保や保証人の代わりに保証会社を利用するわけです。
保証会社というのは、利用者が万が一返済を滞った場合に一時的に債権者(金融機関)に対して債務の返済を行う会社のことで、つまり保証人の役割をしているわけです。
このように保証会社が代わりに返済を行うことを代位弁済といいます。

 

代位弁済を行って債権者が保証会社に移った場合には、利息などの諸条件が当初の契約と変わってくるケースもあります。
保証会社が代わりに支払いをしてくれる、ということで借金が無くなるのかといえば、もちろんそうではありません。
代位弁済を行うと、その後カードローンの利用者は保証会社に対して返済を行っていくことになります。
基本的には一括返済を求められますが、相談により分割返済も可能になっています。
代位弁済を行えば、当然その後の借り入れも不可能になります。
こういった保証会社の存在があるので、金融機関は融資が可能となるのです。
つまりカードローンの審査は、保証会社の保証を受けられるかという審査でもあるのです。
ですからカードローンの申込み審査が厳正なものとなり、いっぽうで無担保や保証人不要で借り入れができるという特権が得られるわけです。

 

自分の資産などを失うリスクのない無担保型のカードローンですから、当然限度額も大きなものではありません。
無担保ローンは都道府県から貸金業の免許を得ている貸金業者のものでは法定金利で定めた上限金利が守られていますが、無免許のいわゆるヤミ金業者の場合は法外な金利のものもあります。
無担保のカードローンを利用する際には多くの情報を集めて比較検討し、慎重に金融機関選びすることをおすすめします。
必要以上の借り入れは控え、借りたらなるべく早期に完済するように努めましょう。
手軽にキャッシングが行えるカードローンですが、くれぐれも無理のない返済計画を立てて利用することが大切です。

 

クローバー専業主婦が内緒で借入できるカードローンを紹介します