家計のやりくりで毎月カードローン返済できる金額

家計のやりくりで毎月返済できる金額は?

こっそり借りたカードローンも、返済中にバレないようにしなければ、意味がありません。
家計をやりくりするなかで、夫や家族やまわりにバレない返済額はいくらぐらいでしょうか。
主婦30人に家計のやりくりから返済できる金額とその理由をアンケート調査した結果の一部を掲載します。

 

3万円ぐらい

■基本的にお金の管理や支払いは私がやってるので夫は詳細を知りません。
娯楽や外食など特に必要ではない分をある程度セーブすればあまり変化なく気づかれることなく、3万くらいならどうにかなりそうな金額です。

 

■余分なお金などありません。
でも、どうにかできるのはこの程度です。
これ以上だと、借金しかありません。
学費もかかりますし、政府も子育て世代にもっと補助をしてほしいです。

 

2万円ぐらい

■1週間に使える雑費や食費などがだいたい3万円くらいなので、食費をきりつめることで、1週間に約5,000円の余裕ができるので、一ヶ月ではだいた2万円ぐらいになると思います。

 

1万円ぐらい

■月々の支払いが多いためそんなに大きな金額は返せないからです。
家族も多く学校や塾代などとか公共料金などの支払いや保険料や家と車のロ−ンなどいろいろな支払いが多いためです。

 

■うちは本当に必要最低限の金額しか生活費としてくれません。
その大半は固定費で住宅ローンや保険、子どもの給食費や学校への支払い、塾代などで消えてしまいこの部分は節約できません。
節約できる食費、日用品代、光熱費などを精一杯節約したとしてせいぜい1万円が限界かなあと思います。

 

■食費や日用品にかかるお金をやりくりすれば1万円は返済に回せると思います。
最悪の場合は、農家である実家に野菜等を送ってもらい、食費を極限まで削って乗り切ります。それでも何とか頑張ってこの金額です。

 

5000円以下

■毎月ギリギリの所で家計をやりくりしています。
だから返済に万単位で返済していくのは正直厳しいです。
でも5,000円くらいだと食費や雑費を節約したりすれば何となかなりそうだし、我が家は外食もたまにするのでそれを減らせば5000円位だと何とかなりそうだと思うからです。

 

■子どもが小さく、必要な時に金融機関に出向くことができないため、キャッシュカード等はすべて主人に託しています。
私個人の預貯金も今は全て任せてあるので、自由になるのは毎月決まった額の生活費のみです。
そのなかで、どうにかやりくりして捻出できる金額は上記くらいになります。

 

■この金額が多いのか少ないのかはわかりませんが、年金や奨学金の支払いのおよそ3分の1程度の支払いが自分にとっては妥当というか、いっぱいいっぱいなような気がいたします。

 

■日々の生活予算が平日2000円で土日が4000円で、現在家族3人の暮らしです。
1日200円から300円余らせることは可能ですが、1週間に1,2日は予算オーバーするので、毎月3000円を返すのがせいいっぱいです。

 

クローバー専業主婦が内緒で借入できるカードローンを紹介します