専業主婦でも借りれるカードローンとグレーゾーン金利

グレーゾーン金利について

平成22年6月17日以前に利息制限法が定める貸付額に応じた上限金利の15%〜20%を超えてはいるが出資法で罰則が定められている29.2%という金利未満であることから民法上では無効であるが刑事上罰せられることのない高い金利のことをグレーゾーン金利といいます。
貸金業法の「みなし弁済」という例外規定によって一定の書面を利用者に交付するなど条件を満たせば、本来無効である利息制限法の上限金利を超える利息を支払っても有効とみなされたのです。
29.2%を超えなければ刑罰が無いので消費者金融など金融業者の中には利息を決める際にグレーゾーンの金利を設定するところもあり利用者から高い利息を徴収しました。

 

そしてこのグレーゾーン金利によって消費者金融が潤う一方で利用者側は多重債務者が増える結果となりました。
しかし平成22年6月18日に出資法の上限金利が20%に引き下げられ、利息制限法の上限金利と同水準となった為グレーゾーン金利は廃止となりました。

 

さらに貸金業法の改正により利息制限法の上限金利を超える金利での営業は行政処分の対象となりました。
みなし弁済により高い利息を請求されてきた利用者は払い過ぎた分の利息の返還を受けれるようにもなりましたが、これが最近よく聞く過払い金の返還請求です。
平成22年6月17日以前に長期間消費者金融と取引していた人の中には過払い金の返還金だけで借金完済できたという話もあるくらいなので、いかに高い金利を払わされていたかがわかります。

 

クローバー専業主婦が内緒で借入できるカードローンを紹介します