専業主婦のカードローンの審査内容

専業主婦のカードローンの審査内容とは

カードローンの申込審査では、一般的に年収や勤務状況が重視されるといわれています。
カードローン会社にとっては、貸したお金をきちんと返してくれるのか、という点が問題です。
この返済能力に直結するのが年収ということになります。また職場を転々とすることなく、長く勤め続けているという点も有利に見られるポイントの一つです。
でも専業主婦は仕事を持たず収入もありませんから、年収も勤務状況も関係ありません。
専業主婦でも借りられる銀行系のカードローンでは、配偶者に安定した収入があることが条件となっています。
つまり審査においては配偶者の年収などがポイントになってくるのです。
他には持家かどうかや家族構成などを申込書に記載することが多いです。
カードローン会社によって、また融資金額によって条件は異なりますが、一定額までの借入ならかなり手軽に申込できるようになっています。
配偶者の収入証明書や同意書が不要でも、低い融資額なら簡単に借入できるカードローンが増えています。
また個人信用情報について、一般の借入れと同様にチェックが入ります。
専業主婦の場合でも、過去に金融事故を起こしたことがないかが重視されます。
延滞を繰り返したり、現在他の借入れを抱えていないかどうか、信用情報を照会して確認が行われます。
この時点で何かしら問題があれば、審査に通るのは難しいといえるでしょう。
しかし特に問題もなく配偶者に一定の収入があれば、審査に通る可能性は高いといえます。